読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

自己嫌悪

腹が立ったら怒ろうぜ。誰が言ったか忘れたけど、すごく好きな言葉だった。

人はみんな思っている以上に身勝手だ。それは自分の感情面において、内から出たものは素直で偽ることはできないし取り繕うことなんて不可能だ。
追いかければ逃げるし、避ければ追いかけられる。互いに寄り添い合うことなど本当に僅かな時間でしかないだろう。自分自身も他者さえもその身勝手な感情を用いて継続的に愛入れることはできないのだ。一方の愛に対して胡座をかいてしまうことがあるだろう。

人は他人の都合では生きていない。どうすることが本当に利口な生き方なのだろうか?誰かに必要とされる点と自分自信の私利私欲をどのように天秤にかけてバランスを取れば上手く生きていていけるだろうか?
他人の都合で生きていたくない。にして、誰かに必要とされたい時も確かにあるわけで、それはきっと自分の都合に見合った時期において向き合えるという我儘でしかない。

他人だって自己の都合で動くことはない。どうすれば他社と上手い具合に相容れることができるだろうか?

二極化しかできない。誰かに対して何も期待せずに、好意を示すことなく、一人でいることを楽しむべきか。ズブズブに相手に対してウェイトをかけて好意を抱くか。双方をうまい具合に折り合いをつけて小出しにできないからこそ、日によってどちらかの振り幅が100で発動されてしまう。不器用な人間だ。
本来、根本的なことはシンプルであるのに、どうしてこうも結果に至るまでに幾つかの意図は絡まってほどけなくなってしまうのか。固結びされて生き詰まる。いっそのこと荒行事をすれば絡まった糸をハサミで切って仕舞えばいいと思う。それは今後に自分にとっていい結果を及ぼさない破滅的思考でしかないのだろう。手っ取り早いが心の後始末は悪い。
今季を練って解こうと思う気力さえそこには失われている。

誰かを愛することも、誰かに愛されることも、とても難しい。いっそのこと一人になってしまおうなんて幾度となく考えても、結果は出てるのに無駄な案ばかり持ち上がるんだよ。

最終的に、めんどくさくなって、みんな大っ嫌いだ!!!!って大声で叫びたくなる。人付き合いは難しいよ。本当に。分からないということほど怖いものはこの世にないよ。
他人は分からない。だから人はとても怖いよ。明確な何かがそこに現れていない限り憶測でものを考えて行動しなければならない。分かろうとしても、それは確実的な答えであるかさえも不確定なんだ。模範解答なんて存在しない。人間関係においての答え合わせは一生できない。

めんどくさいよ みんな大嫌いだ