読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

華金多幸

最高の華金を過ごした。

 

先週の華金はビールを飲むぞ!と意気込むも、一人で日高屋に立ち寄り飯と餃子を食って無事に家路へ。お腹おいっぱいになってビールを飲む元気もなく、一人で休日前夜の夜をしっぽりと楽しみながら過ごした。

 

翌週の華金。昨日は友達と飲む約束をしていたのだけど、せったくだからと思い彼氏に声をかけてみたもので。「今日会いに行ってもいい?」と連絡を入れてみれば「たのしみ!」という旨のスタンプが送られてきた。当初の予定を変更し、彼のもとへ駆け出すと言わんばかりにハチ公前で待ち合わせをしたんだ。

彼はとても忙しくて、今の仕事を心から楽しんでいる反面、休みのない日々に疲弊しながら健気に頑張っていた。日々の中で思考する努力の源が実って業績をしっかり残しながらスキルアップに励んでいる姿はかっこいい。

二人で行き当たりばったりのように渋谷から下北沢でふらっと降りる。駅前を何度もぐるぐるして、どこに入るでもなく歩き続けた。良いお店に出会うこともないので、このまま明大前まで行こう!という話になり、ファミマでビールを買って飲み歩く生ぬるい夜は最高だったね。

「疲れた?元気出た?」と気にかけてくれるその言葉一つとっても、彼との過ごす時間は多幸感に溢れている。一年半の間で様々な時間を共にした私たちの色は、まだ瑞々しく鮮明な輝きを忘れていないみたいで、安心感と心地よい緊張感がある。愛してるし恋もしてる。

明大前までつくと各停に乗って彼の家へと帰る。電車の中でたわいもない話をしながら、あっという間に駅に着いて。「何か食べる?」と二人で相談をしながら、近くのお弁当屋さんでチキン南蛮と油淋鶏弁当を買う。ビールを飲みながら出来立てのお弁当を頬張り、のんびり二人の時間を過ごす。

 

本当に痩せたね、頑張ったねと彼はわたしを優しく抱きしめてくれるので心地が良い。「お仕事お疲れ様」とお互いを労って、くっ付いたり離れたりする時間は、このために生きてるのかと思うくらいの多幸感がそこにあるんだ。

抱きしめて良い?って、気が向いた時に近寄ってくる姿や、ふいにキスをしてくるいたずらっ子みたいなところも好きだな。

 

一人の夜も最高だけど、やっぱり愛してる男と過ごす夜はすごく幸せだ。どこに行くでもなく、なんでもない日常の延長線上を二人で刻んでいるだけで立派なデートだと思う。どこか行かなくてもいい、安心できる家の中で、互いの時間を刻みながら、気が向いた時にキスをしたりお酒を飲む程度の過ごし方が一番心地よくて幸せだ。