読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

ほっといてくれよ

f:id:kuchikosan:20170513125525j:image

 

雨が深々と降っている土曜日だな。外は湿気に包まれて、地面が濡れていることにも気づかずに意気揚々と洗濯機を回して失望してた朝。雫が地面にぶつかる音は、わたしの耳に届かなかったのか。

 

あんなに楽しみにしていた休日は何もすることがないし、どこにも行くところはない。友達に紹介してもらったスペイン料理のお店に行く予定があるけど、腰が重くてどこにも出かけたくない。今の仕事と平行して副業を始めるなんて自分には荷が重すぎて断ろうとしたけど、人が足りないというバングラディシュ人の押しに負けて土日だけ出勤することになったかもしれない。行きたくないな

 

いまの会社はライター志望として入社した。いざ仕事を始めてみると業務内容と言えば主にウェブディレクター。会社で請け負っているサイトの運営をする仕事だった。サイト内に載せる記事を調査して、どういった流れでやって行くか思案する仕事。それでも自分が与えられた仕事をまずはこなしていこうと奮闘するうちに、今後いまの業務でどういった目標を持って仕事を遂行するべきなのかというビジョンが最近少しずつできてきた。

上司もわたしの向き不向きを考えながら仕事を振ってくれるので、持っている武器とまでは言わないけど、自分の術をより磨けているように感じる。ウェブディレクションの業務といっても、主に上司が設立した運営サイトのお手伝いばかりだ。それでも自分が手をかけて行った小さな実績でサイト自体に動きが現れるのは面白いんだよね。主に文章の構成をしたりブラッシュアップを手がけるのがいまの業務。些細な業務の中にも細かいディテールにこだわることによって、サイトの運営を促す鍵がたくさん含まれている。将来的に自分がひとつのサイトを受け持つようになった時に心得ておくことばかりで毎日勉強になるんだ。

 

そんなある日、休憩時間の喫煙所で他の上司たちが不平不満を口にしていた。その対象となる人物はわたしの直属の上司。確かに彼女(上司)はかなり問題のある人間だと思うし、それが原因で何人かの人間がやめてしまうこともった。わたし自身も上司のことで頭を抱えて、業務中に泣きそうになったこともある。でも彼女は間違ったことばかり言ってるわけじゃないと思う。

わたし自身も喫煙所に屯ろした上司に彼女のことで「大丈夫?」と声をかけてもらい、話を聞いてもらったことがある。不平不満もぶつけた。しかし上司の業務遂行に対するプロセスに対しては何も不満はなかった。それだけ真剣に取り組んでいるからこそ、会社の中で一番大きな実績を残しているのは事実だと思う。なあなあでやっている人たとに彼女の業務形態に対して何か文句を言える立場じゃないのになって感じた。

もちろん喫煙所にいる上司たちがいう、彼女への不満も一理あるところはあるんだ。彼女のやり方は少し強引だし、傲慢さもあって部下がついていけない。自分一人で全てのプロジェクトを立ち上げてしまったせいか、チームプレイがうまくできないところがある。改善した方がいい点や、社内の多くの人間が問題視する部分は多少あれど、あの人の強みはしっかりと結果を残していること。

「結果がそんなに大事なのか?」と言っていたけど、仕事で大事なのは結果じゃないのかな。会社に貢献して業績を残し、結果を残すことを目的として日々思考を凝らす。もちろん過程も大事だけど、その先に明確な目的や結果を立てないと、ガムシャラにやっているだけじゃ次のステップには進めないんだ。

 

その悪口大会は直属の上司を心底人間として否定するような物言いに発展し、みんなでこっそり共有して笑っているみたいで気持ち悪かった。

そこにいた人たちも上司も、みんないい人だけど、みんなが嫌いになりそうだった。

だってしまいには彼女が持病で拗らせている喘息の咳き込みに対しても「うるさい、業務の支障になる」って言い出し、すごく悲しくなった。彼女の直属の部下として働くわたしに対して優しく声をかけてくれたその人の意図は、悪口大会に引き込んで味方を増やしたいだけだったんじゃないのかさえ考えた。

正しいことは正しいと、時には武器を持って一緒に戦ってくれる味方だと思ってたけど、検討違いだったのかな。彼女の下では働く人が可哀想で心配だという気持ちの裏側に自分自身が相手に対する「嫌い」という気持ちが透けて見えてた気がした。大人なんだからもっとうまく取り繕ってほしかった。助けようとしてくれる気持ちの裏側に、自分の個人的な感情が八割含まれているくらいなら、助けてくれなくていい。

わたしはわたしで自分なりに歩けるので、その界隈に引き込んで巻き込むなよって話。

 

すごくずるい話をすると、悪口を言っていた人々は結局のところ違うプロジェクトの人間だし蚊帳の外だから好き勝手に吐き出せる。でもわたしは現に当事者として彼女から様々なことを教わっているし、蚊帳のど真ん中にいるんだ。いつも気が気じゃないし、怯えてるし、嫌なところも良いところも、誰よりもたくさん目にしてる。立ってる場所があまりにも違いすぎるのに同じ場所に引き込まれたら、わたしの立場もなくなる。事を荒立てないように、今やるべき事を吸収できればそれでいい。

わたしは大丈夫なので、あの、なんかもう、ほっといてくれませんかって感じ