読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

電車が止まって、1時間近く車内に閉じ込められた。閉塞的な空間で息が詰まりそうになりながら逃げるように本を読んだ。

そこに書かれていることすべてがあまりにも胸が苦しくなって思わず彼に会いたくなる。会いたい人がいて、会える人がいるのは幸せなことだ。それでもいろんなことを考えて、私は誰かにとっての特別でいることができているのだろうか?と考えてしまう。

 

今日はいろんな話を聞いて、会社ランチ会で美味しいものを食べて。

みんな各々に社長に好きなことを言い、社長はのんびりした人だからそれを困った顔で受け入れる。ランチ会も、飲み会も、全部社長の負担であることや、仕事に関する我儘や望みは割と叶えてもらえるし。この会社で働くことで、次の社会で揉まれることはできるのだろうか?と考えてしまう。

喜怒哀楽の激しい情緒不安定な上司や、陽気な関西弁の上司、何を考えてるのかよくわからない温厚な社長に、少し変わったインターンやアルバイトの同僚たち、社員はアスペルガーや気の緩んだ人ばかりでのらりくらりと小さな会社は運営されている。

どこかで憤りや自分の意識をぶつけられずにいる部下や、それに対して年齢の焦りを感じているだけと蔑む気の緩んだアルバイト。会社には質のいいコーヒーメイカーと、それに合わせてカントリーマアムやチョコのお茶菓子が色とりどりと並べられているデスク。

アスペルガーの先輩上司は遊戯王が大好きで、社長に長いって遊戯王カードのサイトを運営したり、ここの会社にしか存在しない空気にもまれながら与えられたことをひたすらにこなして行く毎日は無情にも過ぎていくんだね。

 

週に一度は恋人と会い、お酒を飲んで、服を脱いでベッドに潜り込む。

週末は1人家でテレビをぼーっと眺めたり、ひたすら本を読んでごはんをたらふく食べる。どんどんそうやって、私はなんでもない日々の中に特別や小さな幸せを積み重ねて年をとっていくんだな。

 

東京の鳩は近寄っても人を警戒しないし、私の住んでいる土地は東京なのに驚くほど寒くて、平和だし。NHKの取り立てのお兄さんはすごく怖い。電車から見えるピンク色に胸を躍らせながら明日も中央特快に揺られて、人混みにもみくちゃにされながらお金を稼ぎに行く。

なんでもない毎日が続いて、年取って、いつか死んで行くんだな。