読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

幸せと多幸とパスタ

物思いに耽っている。幸せすぎて、なかなか眠りにつかない。この気持ちのまま眠るのがもったいなくて、明日も朝が早いのに多幸感を抱きながらタバコを片手にご褒美のピルクルを飲む。最近のわたしの体はピルクルとコーヒーで構成されてるかのようだ。

 

彼に会いにいった。ご飯を食べに来ないかい?と誘われて彼に会いにいった。駅に着くと待ち合わせが下手くそなわたしに少し不機嫌そうな顔の彼を見て心が萎んだ。それでも一生懸命化粧をして、眉毛を描いて、中学生が前髪の位置を気にするみたいに風で前髪を触る。

電車に乗ると彼はふざけて、わたしを笑わせる。本当に幸せで思わず笑みが溢れてしまう。

 

わたしはこの距離感を愛してる。

 

まずは手始めにジンバックで乾杯。彼の作るお酒はちょうどいい濃さで美味しくて、乾いた喉をどんどん潤す。

フライパンで炒められたニンニクはいい香りがして、ベーコン、オリーブオイル、小松菜、パスタ、バジルをアクセントに加えられて、美味しいペペロンチーノの出来上がり。

白ワインのアルコールを飛ばして、素材の出汁が染み込んだパスタはとっても美味しくて。お腹がはち切れそうなくらい食べた。お味噌汁はシンプルに野菜と豆腐の具材。涙が出るほど美味しくて、心も体も温まってしまって。

 

温かいコタツの中でテレビを見ながらジンバックを飲む。彼はマックを開いて仕事をしながら優しくキスをしてくれて。「仕事忙しくてごめんね」と言いながらくっつくことを許可される。

痩せたねって言われたくて、痩せたの!って言いたくて、我慢できない気持ちを抑えながら彼の横で心も体も温もりを味わう。

 

帰りに終電まで走って、見送る彼を背に電車に乗り込み帰宅。家に帰りぼーっとしてからお風呂へ。熱いシャワーを浴びて、ボディクリームで体をマッサージして冷たい布団の中に潜り込む。明日も仕事で朝が早いのに、なかなか寝付けないんだ。

 

ずっと疲れてる、ずっと苦しい。それでもわたしはちゃんと歩き続けられる証がそこにあるから、今あるべきことを消化していく。転ばないように、ゆっくりでいいから歩いて行こうね。