読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

人との距離感って難しいな。未だにうまく計らなくて、私はまだ人に甘えてばかりだなと思う。誰にあってもしっくりこなくて、誰かの時間のゆりかごの中で自分が揺られている気持ちになるな。

 

都心の気温は14度なのに、私の住んでる地域は同じ東京なのに3度も温度が低い。夏になったら、猛暑が厳しい土地になってしまうのは酷い始末なのでやめて欲しいな。

一人暮らしでの初めての夏も、彼との初めての夏も、ちゃんと受け止められるといいな。

 

半袖の季節がもうすぐやってくるのか。また切り抜けなくちゃいけない。腕を隠す季節がやってくるな。もう職場ではみんな薄々気付いてるのかな?みんな大人だし、珍しいことじゃないけど、ただ少し酷い傷跡はやっぱり誰かの目に触れることを避けるべきだね。これが故意に傷つけられた傷じゃなくて何かの事故で起こった傷だったら、私の見方ももう少し変わってたのかな。

わざわざ他人に見せたいわけじゃないけど、でも、笑って欲しいし、「しおりちゃんの腕はさ」って友達だったら一回くらいはネタにして欲しいな。それくらい心許して欲しい。