読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

硬い床で寝るのも、4日目となるとだいぶ慣れた。寝袋生活では色々な工夫を凝らして、何とか自分のスタイルに馴染むところまでやって来たので良しとしよう。

 

家に帰って、初めて夜のシャワーを浴びた。2年前に住んでた家は、狭い玄関の廊下沿いにユニットバスがちょこんとあるだけで。何故だか異様に怖くて夜はお風呂に入らなかったけど、今は恐れを感じることなくお風呂に入れるようになった。部屋が明るくてよかった。

 

一人暮らしん初めて4日目。まだ4日目だ。そつなくこなしてるといっても、仕事をして疲れて眠るだけの生活。特になにをするわけでもなく、職場と家の行き来だけだ。

テレビもない、ネットもない、何もないものだらけでまともな生活も送れず。自分のしょうもない凝り性が100の状態でないとなかなか身動きが取れないのは、厄介だと思ってしまう。

 

 

 

未来のビジョンというか、なんていうか。多分、これから先仕事のことだとかいろんなビジョンは見えてるのに。一人になるとプライベートの未来が見えてこない。「結婚は目的じゃなくて、手段なんだ」ってあの人は言ってた。それでも5年後10年後、私の隣には誰が立っているのかな。

好きな人は今なにを考えているのかな。

同棲をやめて、久しい一人暮らしの疲れと寂しさからポツリと弱音を漏らしたその時「俺は全然寂しくないよ!」と楽しそうに言う彼を見て羨ましいなって思った。彼は強いし、かっこいいな。私が恋人がいないと生きていけない理由は寂しいからなのかな。でも、寂しいっていう気持ちよりも。好きだから触りたいし、会いたいし、話したいと思うわけで。寂しいタスキは別物なんだよなー。

全然寂しくはないんだけど、ただ「会いたいな」ってすごく思う。好きな人に会いたいと思う感情が残ってる今は少し気持ちに余裕が出て来たのかな。

昨日までは、友人にも家族にも、ましてや好きな人にも誰にも会いたくないくらいに心も体も疲弊してた。余裕なんてものはいつでも存在しないけど、うまい顔してやりくりしていかないと自分が潰れちゃうね。とりあえずいまは、自分が潰れないように進まないとたね。