読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

あーあ。なんか無性にいろんなことが気持ち悪くなってしまう。誰かとキスをしたりセックスしたりすることが無性に怖い。仕事から帰る一人の夜道で怖くて少し蹲って、一呼吸置いてからまた歩き出す。

 

今日は彼に会うために、久しぶりにきちんとお化粧をしてコンタクトをした。服装もいつも通りの汚れたデニムとスウェットではなくて、タートルネックのワンピースを着て。彼と会うために気持ちをしゃんとさせて。

すると、職場の人が休憩の時に「やけに大人っぽいですね今日!いつもと雰囲気が違う!」と言ってくれて。もう一人の人には「二度見しました思わず」って言われるくらいに、装い一つで人の印象は変わるみたいで。いつもどれだけだらしない格好をしているのかな〜とヘラヘラ笑うしかなかった。

「彼に会うために気合い入れてきたんです」というと「一緒に暮らしてたのに、泊まりに行くだけで服装変える意識素敵ですね。好きなんですね、彼のこと」と同期の人にホヤホヤされてホヤホヤなった。素敵だなって言われるのは素直に嬉しいすごく照れる。

きちんと口紅を引いて、睫毛をあげてマスカラをたっぷり塗り。薄くアイラインを引いて。仕事が終わる頃にはクタクタで、花粉にやれた為にヨレヨレになった化粧が悲しい。彼の帰りは遅いけど、あまり眠れて居ないけど、今日は頑張って帰りを待とう。

 

 

昨日は全然眠れなかった。朝も起きれず寝坊をして、意識がたるんでる。でも今日のお弁当のおかずは唐揚げだったからお昼ご飯までの時間が待ち遠しかったな。

 

 

 

きっと誰も知らないけど、日々どこかで我慢したり。誰にも気づかれないように誰かのためを思ったりしてる気持ちが届いた時は、少し報われた気にならね。日々辛いこともあって、わたしはこんな風に人間関係を築くことが幸せなのかな?と思うこともあるけど。人それぞれ、ハマる形がそこにあるから。誰かの言葉じゃなくて、自分の正しさを振りかざしてみてもいいのかな?と思ったよ。報われたよ。ありがとう