読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

自己の中の柱

今のわたしは八割がプライベートに重きが向けられていて、些細な物事のもつれを許容できる代わりになるものがない。

もし仕事を始めたら、私は仕事のことを考えるだろう。きっとたくさん勉強をするだろう。仕事に重きを向けれることができれば、人生は楽になるだろうか。いまの私は「彼氏がいなくては死んでしまう」状態で完全に悪循環になっている。誰かを思う事や好きになることは悪い事ではないけれで、そればかりに気持ちが蝕まれてしまうことはあまりいい傾向とは言えない。きっとこのままでは自分自身が疲れて死んでしまう。

仕事を始めたら、仕事のことを考える時間が増えるだろう。そうすることで、少しずつプライベートな時間からいい意味で解放されて、いい刺激になるかもしれない。仕事という逃げ道が私には欲しいのかもしれない。それが全てではないけれで、多少そういう気持ちは含まれていると思う。

私が考えていることはいつもプライベートのことばかり。狭い世界の中で私は一喜一憂しながら生きている。このままでは息苦しくて、いつか窒息死してしまう。そのためにも私は新しい世界へと足を踏み出さなくてはいけない。

夢中になれるものがあれば、きっと気持ちも少しは楽になるだろう。些細な感情のもつれも許容できるだろう。仕事とい自分のもう一つの逃げ道を必要としているのかもしれない。他者という曖昧な存在に自分の芽を植え付けるよりも、まずは自分自身の柱になるものをしっかりと用意しないと他人恋愛なんてできないだろう。

私は自分の中の柱が存在しないばかりに、他者という不確定な生き物を柱にして寄りかかって生きてる節があった。その柱がなくなってしまえば、私は途方に暮れて行き場を失い「死」という逃げ道へと歩いていくばかりで。

本当に大切なことは、自分自身の柱を他者ではなく自分の中で作ることが大事だったのだろうと思う。私はあまりにもおぼつかない足取りで他者と向き合っていた。仕事という大きな柱を軸に自ら地に足つけて立てるようになれば、プライベートで問題が起こったとしてもしても自分の柱に寄りかかればいいのだ。

私は、いままであまりにも不確定なものばかりを自分の中で柱にしすぎた。だからこそ、些細なことが大きな問題に繋がってしまうのだ。私の人生の成り立ちは好きな人との暮らしだけで出来上がっているわけではない。きっと他にも大切なものが多くある。

恋は盲目とでもいうべきだろうか。あまりにも、視野が狭すぎて向き合うべき大切なものさえも疎かにしていた気がする。愚かだ。

もちろん好きな人は好きで愛しているけど、人生の成り立ちはそれだけで出来ているわけではないことをいつの間にか忘れてしまうことがよくある。

年をとるごとに、自分の中で誇れるものが少しずつ失われ、その不安を埋めるべく他者を利用して寄り添うことで現実逃避することが多々あった。寂しいと好きという感情は全く別物なのだ。いろんなものを履き違えていた。哀れだなほんとうに。

 

自分の気持ちを他者に委ねて生きすぎたかもしれない。これからはもう少し自分の気持ちと素直に向き合って、地に足つけて立てるように自分の中の新しい柱を立てよう。他者に気持ちの全てを委ねることではなくて、自分自身の柱をしっかりと支えながら寄り添って生きていくことが理想的なのだと思う。