読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

私は生きる

明日は入社オリエンテーション。人生はじめてのオフィスワーク。社会人という名に一歩近づく瞬間。

なにもない、生産性のない私は、それでも曖昧な自分の中の何かを信じて生きてきたつもりだった。それは自分の中のものを信じることではなくて、ただ逃げてばかりの人生だったのかもしれない。何一つとして長続きするものはなかった。仕事を初めても1年足らずでやめてしまうことが多かった。いろいろな理由がある。それは周りの人か見ればただ逃げているだけに過ぎないかもしれない。

病気という都合のいい言葉を使ってずっと逃げ続けてきた。目指していたものを手放したあの時から、私の中の情熱は死んで、何を思って生きていけばいいのかわからなかった。あの頃はいつだって輝かしかったであろうし、24歳になったいまでも、あの頃の自分を振り返って見れば「かっこよかったね」って言える。

人はいつだって変化するし、時には妥協という言葉を受け入れながら生きていくために歩き続ける。私は少し休憩時間を長く取り過ぎたのかもしれない。

大人になっていろんなものが見えてきて、新しく多くの人々と関わりを持つことで、自分の不甲斐なさや弱い部分がたくさん見えた。他者の評価が必ずしも正しいものだとは限らないけど、誰かの正論は泣きたくなるほど痛いものばかりで、自分の薄っぺらさや中身の無さを突きつけられた。だからといって気を病む必要はないと思うし、私自身がいまやるべきことを突き進むしかないと思えたのは少し成長した証拠かもしれない。

 

今まではずっと生ぬるい人の温かさに触れて生きてきた。人に否定されてばかりの人生の中で、少しずつ自分を肯定してくれる人が増えて「貴方にしかない魅力がそこにあるよ」という誰かの甘い言葉に、根拠のない自信を抱いて生きてきたのかもしれない。その言葉を歪んだ自らの自己承認欲求で消化して、無駄にしてきてしまったことも多くあったかもしれないと思う。

24歳を迎えて、ふと顔を上げてみると私にはなにもなかった。誇れるものも、一人の人間として生きていくスキルさえも乏しく、この先どうなってしまのか?という不安に包み込まれ腰が重くなるばかり。今まで何をして生きてきたのか?と本当に生きる上で大切なものをたくさん見落として時間だけが通り過ぎていってしまったのかもしれない。

再び過ぎ去って時間を取り戻すことはできないけど、いまわたしが出来ることは目の前の掴み取ったチャンスを無駄にしないこと。逃げてばかりだった私だけど、これからは自分なりに向き合っていく姿勢でいろんな物事を頑張っていきたい。

 

 

日々、勉強させられることはたくさんある。私は人より劣っているし、周りの同年代に比べて多くの物事を知らない。一人の人間としての欠点が多い。だからこそ今からでもたくさんのことを学ぶことができる。

世間の風当たりは強いし、馬鹿にされることもたくさんある。悔しくて泣いてしまったり、不安に思うこともたくさんある。過去は事実でしかないから、これからの未来で新たな変化を生み出していけばいい。過去を悔やんでも前には進めないし、未来の自分に全てを委ねるのではなく、今の自分に期待をしよう。

馬鹿にされるのは腹立たしいし、突っぱねらるのも否定されるのも怖い。それでも人は歩き続ける強さを持たなくてはいけない。

しょうもないプライドを振りかざして、防衛心を振りかざして生きて来たかもしれない。脆すぎる自分という武器は他者の正論で簡単に崩れて壊れてしまう。

馬鹿にしてきたあの人も、本当は私よりずっと立派だった。私が馬鹿にできるような存在じゃなかった。みんな力強く生き続けている。私は不器用で変なプライドも高くて、精神が弱いかもしれないけれど、それでも私いま自分ができることをやっていくしかない。どんなに誰かに馬鹿にされても、いまできることをやらない理由にはならないよ。だから負けたくないんだ。誰かの言葉で踏みつぶされそうになっても自分の弱い心に負けたくない。

 

 

 

 

 

まだ右も左もわからなくて不安なことはたくさんあるけど、応援してくれる人がいることは心強い。

お母さんに仕事の報告をすると「しおりは真面目だからたくさん勉強して、新しい仕事も頑張れると思うよ」と応援してくれた。

周りの人が背中を押してくれるから、わたしは頑張れる。今まで逃げてばかりの人生だったけど、しわ寄せを食らうのも自分自身で。自分が生きやすくなるような道筋を立てるのも自分自身なのだ。これからは未来の自分のために、少しでも歩きやすくなるように道を補正してあげる努力をしよう。向き合うこと、立ち向かうこと。

今は抱負として掲げているだけだけど、いつかそれを実現できるように。真実に変えられるように頑張ろう。

 

いつだって口だけだった。一過性の躁状態に酔いしれて、未来の私にばかり期待をしては何一つ叶えることはできなかった。今年は自分の抱負を実現できる年にしたいな。きっと逃げたくなることも手放したくなるものもたくさんあるけど、めげずに突き進んでいくことで、継続することで新しく見えてくるものがきっとあると思う。

私はちっぽけで弱くて不甲斐ないところばかりだけど、それでも幸せになりたいという気持ちだけは変わらずに持っているから。自分がもうすこし生きやすくなるために、幸せを掴むために頑張ろうと思うんだ。結果を残せるように。