読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

不安への旅立ち

f:id:kuchikosan:20161014110131j:image

 

退屈な毎日を覆すために、私は荷造りをして部屋の掃除をする。きっと明日からご飯を食べないだろうし、毎日健康的にプールへと通うことになるだろうと思う。彼からもらった度入りの水中眼鏡はなくしてしてしまったので水中に潜ることはできないし、水中から見えるあの景色を拝むことはできない。

 

仕事を一週間ずる休みしたがために、耳鼻科にいって診断書をもらわないといけないらいど、今日は耳鼻科に行く元気があまりない気もする。でも、私は耳鼻科い行って診断書をもらわなければ公的に休みをもらえないブラック企業勤務(キャバクラ)

仕事を一週間休むと無気力な気持ちが増幅して、寝る前には輸入禁止になったデパスを6錠追加して気持ちを切り替えたような気分になるけど。23歳にもなって何をしてるんだろうってすぐに年齢というものに囚われて、すべてをそのせいにするのも悪い癖だ。

 

 

私は東京に行くことにで何か変化することはできるのだろうか。

彼の言う「ちゃんとしてくれないと嫌だ」というセリフが心に刺さる。わたしはどこまでちゃんとすることが出来るのだろうか。いまのままで自分がちゃんとしているとは思えない。もちろん彼と暮らす生活は楽しくて幸せだけど、それだけじゃ世界はまかり通らないから難しい。

 

ある友人からLAに遊びにおいでよという誘いをもらった。自由な世界は魅力的だ。何も持ち合わせていない私がおあがりさんで唐突に海外へと飛び出したところで世界はどえほどかわっていくのだろうか。

そんなことを考えながら、私は彼氏という人間との幸せを願って東京へ向かう切符を手に知るだろう。大荷物と不安を抱えて。期待は絶対に背負い込まないように。

 

 

ずっと不安だ。ずっと怖い。でも、これを誰かに打ち明けようともそれは私の言葉というフィルターにかけられてしか物事は伝わらない。だから私は、前に進むしかない。それを祝福してくれる人など一人もいないのだけれどもね。