読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

すごい

何かを生み出すことのできる人間の力強さは、それしか自分にできることがないというだけであって。それがどれほど強いものかと思い知らされる。

自分にできる限られたことの中で、見えない使命感を抱えながら、それ向かって生きている。
あの人も同じことを言ってた。「自分にはこれしか出来ることがないから、やらなくちゃいけない」と。彼らはそれをすること以外に関しては、人よりもずっと劣っている。本当に何もできない。ある種は不器用で、一つの何かに向かって無我夢中で突き進んでいるのだろう。彼らの人生の中で、それは本当の正解なのかもしれない。

恵まれた生き物のようで、とても羨ましく思うのはおかしいことなのだろうか。