読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

見る 出会う 体験する

f:id:kuchikosan:20141114212644j:plain
デザインフェスタで出会ったエロ漫画の鎧。このブースでは、いつかだか自分の性器の型取りのデータを3Dプリンターのデータで配布した某アーティストの真似事をしていた。膣の内部構造を3Dプリンターで型取り500円で配布していました。
現役女子高生50人に書いてもらった手書きラブレターをスキャンしたDVDも売っておられました。今の時代デジタル化してしまい、アナログが衰退化しているなか、本気の手書きラブレターを書いてもらうという企画のようです。
f:id:kuchikosan:20141114213217j:plain
吾嬬竜考先生の絵。本人にはお会い出来ませんでしたが、彼の絵を初めて目の前にすることが出来て感動しました。生々しく猥褻な描写を繊細なタッチで描き上げる様は魅力的です。ブースには少し不機嫌そうな顔をした、華奢で美しいモデルさんのような女性がパイプ椅子に座っておられて、それさえも全てが絵になっておられました。48手ステッカー記念に買えばよかったと今更後悔。
f:id:kuchikosan:20141114214033j:plain
様々なライブペイントが行われているデザインフェスタ。その中でも私が心を惹かれた作品。作者様は来場者様と談笑をされていて、詳しい詳細は何も得られず。通りがかった時に写真を残しておきたいと思う絵でした。時には作品に言葉を並べる必要さえないし、その余地さえ与えない一瞬の魅力を感じる瞬間もありました。
f:id:kuchikosan:20141114214351j:plain
海外の方の出展も多く、外国人特有のユーモラスとフランクな語り部で周囲の視線を集めていました。綺麗な照明。


f:id:kuchikosan:20141114214511j:plain
ヴィレッジヴァンガード宇田川店にて。愛まどんなさんの大きなペイントに出会いました。インターネットでよく見るイラストレーターの方々のグッズが沢山売られていて、10代20代のインターネットカルチャーに生きる女たちの心をくすぐる品々に溢れていました。(感動)

f:id:kuchikosan:20141114215933j:plain
舌ピアスを開けました。分厚い舌に、ニードルという太い針のようなものでブスッと突き刺して開けるという、聞いただけでゾッとするような体験をしました。想像していたよりも全く痛みはなく、肉を突き破る感触だけがあり、施術は30秒ほどで終わりました。大きな痛みに襲われることはなけれども、みるみるうちにしたが肥大化し、口の中に収まりきらないレベルに。滑舌もどうしようもなく悪くなり長州力のような喋り方に。二週間ほどで安定するようですが、安定するまで固形物を食べることは不可能のようです。