読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

モノ時間

お金がないという多幸感が此処にある。少ないお給料の中で一ヶ月をどう生き抜き、尚且つ将来のために貯金を蓄えるにはどうすれば良いのか?計画性を持って限りある経済状況の中で自分に必要な、本当に欲しいと思えるものだけを買う。沢山お金を持っていればいるほど、単に購買欲を満たすだけの道具に過ぎなくて、最終的に飽きがきてあっという間に手放してしまうことの繰り返し。

小さい頃からお父さんに強く言われていたこと。「モノを大切にしなさい。これからずっと大切に出来るものだけを買いなさい。」
幼い頃は流行り廃りのあるものばかりを追いかけて、成長と共にやむ終えず手放してしまうことが多かったよ。

歳を重ねても、使い捨てるように購入しては手放しての繰り返しだった。
何かを全てリセットさせるように、過去を取り払うかのように、新しいものを一式揃えて心を洗い流していた。それは一過性のもに過ぎず、何度も同じことの繰り返しを行って、何が本当に好きで嫌いなのかいつの間にか分からなくなっていく。結局そこには何も残らないんだ。心情の変化に全てを委ねて意思決定を行っていたからだろうな。欲しいとか、欲しくないとか、そんなことはどうでもよかったんだ。手に入れることに対して価値を見出していたんだもの。
本当に大切なことは手に入れた瞬間の多幸感なんかじゃなくて、これから一緒に刻んでいく時間がどういうもになっていくのか?そこが一番重要な部分なんだ。

きっとそれは人間関係の上でも言えることなんだよ。この人と共にどんな時間を刻んでいきたいのか?


限りあるモノの中で特別な物だけをかき集める。未来の自分にとって大きく携わってくるものなのか。多くのモノを手にすることで価値の感覚や物欲が鈍り物を得たことに満足してしまい利用価値が無くなってしいがちなんだ。

人は変化していく生き物だよね。全てのモノを長く愛せるほど、変わらない何かを持ち続けることは難しいことだと思う。
移り変わる時代や心情の中で、何一つでも多く、自分の中に残せるものがあるのならばそれは特別だと思う。

限りある物の中で本当に必要なものだけをかき集めて、自分の中だけの特別に囲まれて生きていきたい。



f:id:kuchikosan:20141025123413j:plain
デジタルハリネズミ
手のひらサイズのデシタルトイカメラ。様々なエフェクトをかけてトイカメラ独特の写真を撮ることが出来る。加えて動画も撮影可能で、エフェクトはもちろん、フレームレート(動画のコマ数)も変更可能。露出やISOの調節も出来て、いい仕事をしてくれる。

ハリネズミが新たな特別になっていきますように。