読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コインランドリー

ありふれたような、日常の流れです。

色々と気持ちがむちゃくちゃする。人の優しさも、素直さも、誰かの性質も許せない夜があるんだよね。優しくならない夜が。最初から優しくなんかないのに。

 

どこの誰に呟くわけでもないのに、私の言葉が誰かに届いて冷やかされたり、馬鹿にされたりすると、そんなのもう何億回だってぶつけられてるし慣れてるはずなのに許せない時がある。

それでもなお、誰かに自分の主張を聞いて欲しい時があるから一人でそっと話し続けら。もうあの頃みたいに一生懸命に私の話を聞いてくれる人はいないんだ。

 

誰かに必死に何かを訴えかけても、どこかで「この人は上の空なんだ」って気持ちになる。

お父さんの説教を聞いてるみたいな、お母さんが酔っ払った時の愚痴を聞いてるみたいな鬱陶しさを抱えながら耳を傾けてるフリをしてて。本当は私の言葉なんて誰にも届いてないんじゃないのかなあって思う。

 

お父さんは酔っ払うとよく「俺は子供を大事に思ってるんだ」って言う。きっと本当に大事に思ってくれると同時に、とても不器用で、いつも嫌われることを恐れてるんだなって感じる。「家族は誰も俺のことを好きじゃない」ってセリフの裏側には一番大切にされたいって気持ちが嫌ほど伝わって来る。

お母さんはぶっきらぼうで、サバサバしてるけど、本当に大事な時は火事場の馬鹿力を出してくれるような人で。優しくはないけど、本当に嫌なことはしない。お父さんは優しいけど、嫌とか嫌じゃないのラインを抑えられない。お互いの悪いところもいいところも、全部背負って大人になってこれましたか?

 

 

 

最近読んでる漫画は大人の恋愛漫画で、こんなもん糞食らえって毛嫌いしてたのに、意外と読んでみると面白くて。

働く人にとって「都合のいい人間」がいい男やいい女であるなら、私はどうなんだろう。でも、いい女でも悪い女でも、どっちに転んでも幸せじゃないな。歩み寄る余裕がないぶん、都合のいいポジションに置いておく手納具合が丁度いいと言える女になりたかった。

 

まだまだ私は若いけど、それでも24歳の私は今年25を迎えるから、もう少し賢く人を騙したり、楽しませたり楽しんだらして人生をのらりくらりと生きていくべきなのかな。

  

 

 

「お前はずっと悲しかったけど、最近楽しそうでよかったよ」と言われたんだけどさ。私は本当にずっと悲しくて今は本当に楽しそうなのかな?と疑問に思っけど、あんまり考えてもいいことはないから、明日も電車に乗ることと仕事をすることを頑張ろう。

 

 

人と暮らすとか、人と住むって多分ものすごく大変なことなんだろうな。私はよくそれを今までしてきたものだ。

 

自分の中での決まったリズムがあってそれを狂わされると全部がダメになる。自分の中で作ったローテションや決められた完璧を少しでも乱されると何もできなくなる。柔軟性はないし、どこへでも生きていけない。決まったそれらが揃ってないと、それらが少しでも狂うと何もかも放棄したくなる。

今日はちゃんと仕事に行ったから偉いけど、月曜日なのに身体がくたくた。慣れないことはするもんじゃない。これからは反省してちゃんと計画性を持って行動しよう。私が立ってる場所はもうそこじゃない。

 

誰かと比べられたり、優劣をつけられたら、自分がダメなことや当たってることを必要以上に突きつけられるのは苦しい。私なりに自分の満足いくようにやってるのにそれがダメみたいな言い方されると、何も言えないし。嘘もたくさんつかなくちゃいけない。誰かに褒めてもらいたいわけでも、認めてもらいたいわけでもないけどほっといて欲しいんだよね。

私は私の好きな世界とか、好きなものがあって、そういうのって人それぞれ違うんだから。そっとしておいて欲しい。

好きじゃないものを好きじゃないって言いたいし、好きなものは好きって言いたい。それなのにいろいろ我慢しないと成り立たないことたくさんあるから、おかしいよね。仕事じゃないのに、まるで仕事してるみたい。誰かのご機嫌をとるために生きてるわけじゃないのに、もっと報われたいな。疲れたな。

すごく怖い思いをした。反射的に体が動いて、呼吸が早まりいろんなことが真っ白になって。頭の中で繰り返される恐ろしい出来事が自分を蝕んだ。人が近くに居るだけで恐ろしくて、誰にも触れられたくない。

 

目もよく見えない、心臓のドキドキがずっと耳を打つ。安心を求めてるのにどこにもなくて、恐怖と嫌悪感と、拍車をかけるように自分自身の存在も疎ましく思う。

優しく介護され駆け込んだ電車内のトイレの中でひたすら蹲ってた。外に出ることができなかった。おじさんがポツリと「甘えられるときは、甘えなさい」と優しい声をかけてくれた。無理をすれば余計に酷くなるんだから、今は自分の身を案じてと優しく背中をさすってくれるおばさん。他人の優しさに触れた瞬間だ。

 

あの頃のように、また残り続けるのだろうか。似たような状況や人を見るたびに脳裏に焼き付いた記憶が蘇るのだろうか。

 

人は本当に何かを恐れたり、怯えたり、反射的に自分を守るための機能が備わって居るんだね。私は神経が細いから、ダメなことばかり。些細な衝撃が大きな恐怖に変わる。大丈夫と念を押しても、膨らみ上がるものは止められないから。

 

ダメだ。

あーあ。なんか無性にいろんなことが気持ち悪くなってしまう。誰かとキスをしたりセックスしたりすることが無性に怖い。仕事から帰る一人の夜道で怖くて少し蹲って、一呼吸置いてからまた歩き出す。

 

今日は彼に会うために、久しぶりにきちんとお化粧をしてコンタクトをした。服装もいつも通りの汚れたデニムとスウェットではなくて、タートルネックのワンピースを着て。彼と会うために気持ちをしゃんとさせて。

すると、職場の人が休憩の時に「やけに大人っぽいですね今日!いつもと雰囲気が違う!」と言ってくれて。もう一人の人には「二度見しました思わず」って言われるくらいに、装い一つで人の印象は変わるみたいで。いつもどれだけだらしない格好をしているのかな〜とヘラヘラ笑うしかなかった。

「彼に会うために気合い入れてきたんです」というと「一緒に暮らしてたのに、泊まりに行くだけで服装変える意識素敵ですね。好きなんですね、彼のこと」と同期の人にホヤホヤされてホヤホヤなった。素敵だなって言われるのは素直に嬉しいすごく照れる。

きちんと口紅を引いて、睫毛をあげてマスカラをたっぷり塗り。薄くアイラインを引いて。仕事が終わる頃にはクタクタで、花粉にやれた為にヨレヨレになった化粧が悲しい。彼の帰りは遅いけど、あまり眠れて居ないけど、今日は頑張って帰りを待とう。

 

 

昨日は全然眠れなかった。朝も起きれず寝坊をして、意識がたるんでる。でも今日のお弁当のおかずは唐揚げだったからお昼ご飯までの時間が待ち遠しかったな。

 

 

 

きっと誰も知らないけど、日々どこかで我慢したり。誰にも気づかれないように誰かのためを思ったりしてる気持ちが届いた時は、少し報われた気にならね。日々辛いこともあって、わたしはこんな風に人間関係を築くことが幸せなのかな?と思うこともあるけど。人それぞれ、ハマる形がそこにあるから。誰かの言葉じゃなくて、自分の正しさを振りかざしてみてもいいのかな?と思ったよ。報われたよ。ありがとう

きょう

f:id:kuchikosan:20170220230643j:image

 

今日はあれが面白くて、あんなことが腹立ったし、やっぱりあの子はあんまり好きじゃないんだよねー!って話は誰にしたらいいんだろう。全然一人じゃないのに誰も好きになれないからうまく人と話せない。

 

休憩中に同期の人と笑っても、私どこで笑ってるのかな?って考えることが増えた。みんなよく笑う人だし、すごくいい人ばかりだから大好きなのに。心の何処かで馬鹿にしてる節があるからそういう癖はなかなか治らない。

 

久しぶりに友達に会ってもみんな、結婚とか妊娠とか、金とか男の話ばっかりで全然楽しくない。本当は最近の美味しいものの話とか、いい匂いがするオススメの場所とか、そういうたわいもない話がしたいのに。みんな男と金に忙しくて疲れちゃう。それでも彼女たちのことが大好きだから仲良くしてるはずなのに。心の中ではいつも「馬鹿じゃねーの」って悪態ついてるんだよね。

 

ホストに狂って騙されて風俗に落ちた話も、彼氏と子供作って結婚する話も、死にたい話も、彼女に振られた話も、今の私には何も面白くなくて。

職場でピクルスを漬けてる話とか、八丁味噌の話をしてる方が楽しいなって思う。でも、どこかみんな遠いから、金と男とセックスと死にたい話に耳を傾けて仲良しごっこしてるのかな。

 

 

今日はお母さんに作ってもらったお弁当を持って職場に行ったら「〇〇さん今日お弁当だ!!お???」って手作りじゃん!みたいな雰囲気でもてはやされたけど、「ママンが作りました」って言ったら「親かよ」って呆れた顔された。一人暮らし始めたら手作り弁当見せつけてやるからな!ってメラメラしたんだ。

 

そうだな。仕事で新しいことに挑戦しよう!という小さな試みで、先輩と30分くらい話し合って試してみたチャレンジの成果が少しだけ出たのが嬉しかった。色々と試行錯誤しながら、失敗と成功を繰り返して利益を出していく作業がとても面白い。地味な仕事だけど、目に見えて結果が現れるからやりがいを感じる。

 

 

お母さんが作ってくれたお弁当は美味しい、引っ越しのことを考えながら頑張ろうという気持ちと、仕事が楽しいと、

色々とヤキモキすることは沢山あるけど、それでもちゃんと前に進んでるから知っていて欲しいな。

 

 ああ、そうだな。

そうそう。やっぱり人付き合いが苦手だなって話で思い出した。みんな優しいよねって。優しいっていうか、思いやりという気持ちの割り振りがうまいなって思う。誰かの為に、自分が気持ちよくなる為に誰かのことを思える人って素敵だな。誰かが喜ぶことで、自分が気持ちよくなれる人ってすごいな。

 

私は短期で機転が良い方ではないから、人の相談事を聞いても結局最終的には「あなた次第だし、答えを出すのは自分でしょ?」って投げちゃうのに、みんな誰かの為に真剣に自分の意見をぶつけていてかっこいい。そこまで他人の人生に真剣になれるのは尊敬しちゃうよ。

みんな、ちゃんと私の話を聞いてくれるし、真剣に向き合って、時には一緒に怒ったり泣いたり笑ったりしてくれるのに。私はそういう美味しいところだけすくい取ってばかりで、いざ自分がその立場になると面倒くさいよ〜ってほっぽり投げちゃうんだ。自分が可愛くて仕方がないから、誰かのことなんて考える余裕もない。一人の人のことしか考えられない。頭のキャパシティがバグってるのかな。

誰かを思えば誰かのことが疎かになる。

どうしてみんな、誰かに対する思いやりの割り振りを、そんなにうまくバランスよくやりこなせるんだろう。全部が100じゃなくていいから、誰か一人に負けてる100を複数の人に割振れたらいいのに。そういうのって、難しいね。

 

新生活

約一年間お世話になった、彼と暮らした家を出て実家に帰ってきた。「寂しい」なんて言ってられるくらいの余裕があるうちはきっと大丈夫だろう。

私は割と弱い一面が多く、取り戻すことのできない小さな物一つ一つに気持ちを寄せて生きている。そこまで器用に切り替えができないので些細な刺激で涙を流してばかりである。

 

 

久しぶりに鎌倉へと帰ってみると、去年の夏なかった300円のサボテンが大きく育っていた。家を出たあの日から、母親が毎日水を与えていてくれたみたいだ。名前をつけて可愛がっていたはずなのに、いつの間にかその名前さえも忘れてしまったので薄情なものだ。

 

急に環境が変わると鼻の調子が悪くなる。二月も終わりに差し掛かる季節、もうすぐ花粉の季節なのかもしれない。外の空気は冷たいけれど、天気がいいので空気の入れ替えをするために網戸にする。

部屋の片付けをして、引っ越すときに必要な最低限の荷物をまとめてしまう。

一年半ぶりの一人暮らしは、まだ心がうまく準備できていない。前回はやむ終えずに退去することになってしまったあの頃。

今回の一人暮らしはうまくいくだろうか?仕事も生活も、いつだって当たり前のように長続きはしない。心を一定のリズムで刻むことができないので何度も失敗を繰り返し、恐れている。今回は、不思議とあまり気負いせずに挑むことが出来そうだ。2年前の私と、今の私とでは立っている場所も、バイタリティもモチベーションもはるかに質が変わっている(と思いたい)

 

長らく恋人と暮らす生活が当たり前だった毎日。疲れて帰ってきて、「おかえり」と「ただいま」という言葉を掛け合う日々。1日の終わりには温め合うように、互いの冷えた体をくっ付けて眠る。きっとこれからは、そんな当たり前が「特別」に変わるのだろう。1人で暮らすという気楽さと共に失われる人の温もり。

忙しい私生活の中で、どれほど彼との時間を過ごせるだろうか。互いの家に遊びに行ったり、泊まりに行ったら、仕事帰りにお茶をしたりなんて話をして「楽しみだね」と彼はにこにこしていた。私もとても楽しみだよ!と心の方向を同じ向きに正そうとする。それでも、どこかで寂しいという気持ちは拭えない。

 

暫くの間は鎌倉から東京の職場へ通うことになるだろう。去年の夏に、古着屋で勤務していた時のように。朝が起きれるだろうか?会社の飲み会に参加した時家に帰れるだろうか?と不安は募る一方で。ただ一つ楽しみなことは、母親がおベントを作ってくれることだ。

バスに乗り、電車に乗って片道2時間近くの小旅行を二週間近く繰り返す。疲れて帰ってきたらきっと、夕飯も食べずに布団に潜り込んで次の日はと備えるんだろうな。

 

 

引っ越しは3月の3日と4日に行われる。ここに決めた!という部屋の内見をまだしていないので、実際に部屋を見に行きたい気持ちが焦るばかりだ。

東京の外れの方に、1人でひっそりと生きる。これからもっと人生が豊かになって、新生活も折れることなく歩き続けたいな。

 

最近は仕事から帰ると疲れてすぐ布団に入ってしまう。そんなに忙しいわけでは無いけれど、体を起こしてることが億劫で布団に入る。

 

耳の中がずーっとごろごろ言ってて気になり始めた二週間。原因を調べると耳の中に虫が入っているとか中耳炎の前兆だとか、恐ろしいことがたくさん書いてある。

 

仕事でフォトショに奮闘して出来上がったものをワードプレスに投稿したら一向に反映されず。努力が水の泡になり、先輩と2人で「クソですね」と嘆いていた。

わからないことを教えてくれる少し先輩の橋本さんは優しくて丁寧で、この人の彼女は幸せなんだろな、いつも優しく包み込まれて甘やかされてるんだろうな勝手な想像をして。

 

友達と遊ぶ約束はなぜか無くなり、早々と家路について化粧を落としたら布団の中へ。昨日の晩の騒ぎを思い出して笑いがこみ上げてくる。いま思えば楽しかった。